韓国陶窯/HAN KOOK TOYO
陶磁器と温泉、米どころの名所「利川」。国宝級の青磁から日常使いまで揃う「韓国陶窯」
サイトマップ お問合せ
TOP 韓国陶窯について 作品紹介 主なQ&A 来訪者の声 観光案内
韓国陶窯について プロフィール

韓国陶窯は、韓国を代表する陶芸家であり、世界的にも有名な「東谷・金 正黙」の窯元です。様々な名器を生んだ由緒ある古窯の地「利川」にて、高麗青磁の千年の神秘を今も再現しています。韓国陶窯では「東谷・金 正黙」をはじめとし、そこに集った優秀な 陶芸家たちが昔ながらの技を駆使し、造形から掘り、絵付け、焼きに至るまで、すべての工程を手作業で行っています。一つひとつが手作りのため、この世に 一つとして同じものが存在しないのも韓国陶窯の作品の特色となっております。



窯元紹介

現窯元設立
1968年3月1日
窯元総面積 約2万坪
(窯元、彫刻室、上薬室、粘土作業室、粘土場、陶磁器研究開発室、実習室、貴賓用個人作業室など)
窯   数
登り窯3箇所、丸窯1箇所
展示場建立
1999年1月10日(増築)
展示場面積
約500坪
その他
商工部長官工芸品専門生産企業指定
土産品生産企業指定
ロッテホテル免税店優秀企業指定
京畿都有望中小企業指定
韓国内唯一製作過程公開
多様な陶磁器体験実習場運営
貴賓用個人作業室及びお茶室運営(韓国型亭)
国内最大の免税店運営及び納品


Copyrught(c) 2010 HNKOOK TOYO(POTTERY) CO. PAGE TOP